掲載情報

3月2日

毎日新聞に掲載されました。


2月3日

東京新聞に掲載されました。


2月~

常陽新聞『4年~筑波大生が見た東日本大震災~』連載開始


【2015年】 



11月26日

茗渓会賞を受賞しました。

 

11月11日

つくばアクションプロジェクト(T-ACT)優秀賞を受賞しました。

 

【2014年】

 

10月11日

NHKに取り上げられました。

 

9月5日

読売新聞に掲載されました。

 

8月26日

福島民報に掲載されました。

 

2月4日

東京新聞・茨城版に掲載されました。

 

【2013年】

 

11月17日 

毎日新聞・福島版に掲載されました。

 

11月24日  

 毎日新聞に掲載されました。

茨城新聞に掲載されました。

東京新聞に掲載されました。

 

7月8日

茨城新聞に掲載されました。

 

5月24日 
NHKに取り上げられました。

4月1日 

東京新聞に掲載されました。

「Tsukuba Communications」に掲載されました。

3月12日

NHKに取り上げられました。


3月9日

毎日新聞に掲載されました。

茨城新聞に掲載されました。

 

3月8日 

つくばアクションプロジェクト(T-ACT)特別賞を受賞しました。

 

1月29日

茨城新聞に掲載されました。

 

1月28日

毎日新聞に掲載されました。

 

1月6日

三陸新報に掲載されました。

 

【2012年】

 

12月17日

毎日新聞に掲載されました。

茨城新聞に掲載されました。

 

12月11日

茨城新聞に掲載されました。

 

12月10日

毎日新聞に掲載されました。

 

11月24日

茨城新聞に掲載されました。

 

2011年11月号のSTUDENTSに掲載されました。

(16,17ページ)

 

10月10日

毎日新聞に取り上げられました。

 

10月9日

茨城新聞に取り上げられました。

 

9月9日

毎日新聞に取り上げられました。

 

8月25日

茨城新聞に取り上げられました。

 

8月10日

茨城新聞に取り上げられました。

 

6月17日

茨城新聞に取り上げられました。

 

6月13日

筑波大学新聞に掲載されました。  

 

6月10日

NHKに取り上げられました。

 

【2011年】

なこその希望「鎮魂祭」

運営ボランティア

 
=“なこその希望「鎮魂祭」”運営ボランティア募集=

 

つながる喜び。そうだ、いわきに行こう。

 

3月10~11日に、いわき市勿来(なこそ)地区で行われる”なこその希望「鎮魂祭」”の運営をお手伝いするボランティアを募集します!

 

”なこその希望「鎮魂祭」”は、東日本大震災から1年を迎えるにあたり、震災で亡くなられた方々への追悼とそのご家族への哀悼、そして被害を受けながらも強く生きるための希望を必要としている方々への寄り添いと励ましを込めて行われます。

 

大学生の元気や若さ、パワーを存分に発揮できるボランティアです!

 

震災から1年という節目の時。

鎮魂祭のお手伝いをしながら、これからの復興や未来をみんなで一緒に考えませんか?

 

◆日程:3月8日(木)~11日(日)

※全日程でなくても、1日のみの参加なども可能です。

(参加者数と車の台数によってこちらで調整する可能性があります。)

 

◆場所:福島県いわき市岩間町

 

◆活動内容:8~9日 鎮魂祭の準備(会場設営など)

      10~11日 鎮魂祭運営のお手伝い

 

◆宿泊場所

・佐糠公民館

・東田集会所

※どちらの施設になるかは、参加者が確定し次第、現地の提携団体と調整して決定します。

※どちらの施設にも入浴設備がないため、入浴については健康センターや銭湯などを利用する予定です。

 

食事

・各自調達(自己負担)

※現地には、スーパーやコンビニがあります。 


移動手段 

・車(レンタカーも検討中)

・電車(現在検討中)

※車をお持ちの方には、車を出していただく可能性があります。

※運転に慣れている方には、レンタカーを運転していただく可能性があります。

 

◆持ち物

・参加日程分の服(特に会場は海沿いで寒いため、防寒を意識してください)

・動きやすい靴

・雨がっぱ(小雨決行のため必須です。防寒にも役立ちます)

・宿泊用具

・各自必要と思うもの

 

◆費用

・参加費(※)

・食費(各自負担)

・入浴費

・ボランティア保険加入にかかる費用

・その他必要な費用

※「参加費」については現在検討中です。参加者数・参加日数によって変動するため、現時点では3000~4000円を予定していますが、変更の可能性があります。

 

 

◆参加申込:申し込みフォームはこちら【最終締切:2月26日(日)】 

 

 

※現在検討中の事項が多いため、記載されている内容は予告なく変更になる可能性があります。

 

※参加希望者が定員に達した場合、途中で締め切らせていただく場合があります。

※運営の都合上、車を持っている方・車の運転に慣れている方を優先して受け付けさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

 

 

詳細の問い合わせや質問等については、

Tsukuba for 3.11運営(tsukubafor311@gmail.com)まで、

件名を「鎮魂祭の問い合わせ」としてお気軽にお問い合わせください。

 

”なこその希望「鎮魂祭」”の詳細はこちら(なこそ復興プロジェクトHP)

 

“つくば”から“なこそ”へ

贈るメッセージ

 

私達 Tsukuba for 3.11” は、31011日に、福島県いわき市勿来(なこそ)地区で行われる“なこその希望「鎮魂祭」”に、運営ボランティアとして参加します。 

 

“なこその希望「鎮魂祭」”は、東日本大震災から1年を迎えるにあたり、震災で亡くなられた方々への追悼とそのご家族への哀悼、そして被害を受けながらも強く生きるための“希望”を必要としている方々への寄り添いと励ましを込めて行われるものです。

 

「鎮魂祭」の会場は、いわき市の沿岸部に位置する岩間町。

岩間町は、津波によってまちのほとんどが“壊滅”しました。

メディアには取り上げられませんが、いわき市でも沿岸部は津波の被害を大きく受けています。

 

私達は、この「鎮魂祭」にボランティアとして参加することで、大学生の元気や若さ、パワーを存分に発揮して、なこそで生きるみなさんに希望を与えられたら、と思っています。

 

 

さらに、つくばに住む私達が、“なこその「鎮魂祭」”に参加するにあたって何か他にできることはないのだろうかと考えた時、つくばに住むみなさんからメッセージを集めて、「鎮魂祭」に届けようということになりました。

 

それが、「”つくば”から”なこそ”へ贈るメッセージ」です。

 

メッセージの内容は、どのようなものでも構いません。

応援、哀悼、鎮魂、希望…

つくばに住む私達から、なこそで生きるみなさんへ、メッセージを届けませんか?

 

みなさんからいただいたメッセージは、私達が責任を持ってなこそに持って行き、「鎮魂祭」の会場で展示して、なこそのみなさんに見ていただきます。

 

 

是非「”つくば”から”なこそ”へ贈るメッセージ」

ご協力をお願いします。

つくばからなこそへ、

たくさんのメッセージを届けましょう!

 

 

===メッセージカードの入手方法は4種類!===


①運営メンバーから直接入手する

 (お問い合わせ先:tsukubafor311@gmail.com)

「Remember 3.11 写真展」に行く

 (詳しくはこちら

「Remember 3.11 講演会」に行く

 (詳しくはこちら

ALDORに行く

 (土日のみ営業しています。詳しくはこちら