掲載情報

3月2日

毎日新聞に掲載されました。


2月3日

東京新聞に掲載されました。


2月~

常陽新聞『4年~筑波大生が見た東日本大震災~』連載開始


【2015年】 



11月26日

茗渓会賞を受賞しました。

 

11月11日

つくばアクションプロジェクト(T-ACT)優秀賞を受賞しました。

 

【2014年】

 

10月11日

NHKに取り上げられました。

 

9月5日

読売新聞に掲載されました。

 

8月26日

福島民報に掲載されました。

 

2月4日

東京新聞・茨城版に掲載されました。

 

【2013年】

 

11月17日 

毎日新聞・福島版に掲載されました。

 

11月24日  

 毎日新聞に掲載されました。

茨城新聞に掲載されました。

東京新聞に掲載されました。

 

7月8日

茨城新聞に掲載されました。

 

5月24日 
NHKに取り上げられました。

4月1日 

東京新聞に掲載されました。

「Tsukuba Communications」に掲載されました。

3月12日

NHKに取り上げられました。


3月9日

毎日新聞に掲載されました。

茨城新聞に掲載されました。

 

3月8日 

つくばアクションプロジェクト(T-ACT)特別賞を受賞しました。

 

1月29日

茨城新聞に掲載されました。

 

1月28日

毎日新聞に掲載されました。

 

1月6日

三陸新報に掲載されました。

 

【2012年】

 

12月17日

毎日新聞に掲載されました。

茨城新聞に掲載されました。

 

12月11日

茨城新聞に掲載されました。

 

12月10日

毎日新聞に掲載されました。

 

11月24日

茨城新聞に掲載されました。

 

2011年11月号のSTUDENTSに掲載されました。

(16,17ページ)

 

10月10日

毎日新聞に取り上げられました。

 

10月9日

茨城新聞に取り上げられました。

 

9月9日

毎日新聞に取り上げられました。

 

8月25日

茨城新聞に取り上げられました。

 

8月10日

茨城新聞に取り上げられました。

 

6月17日

茨城新聞に取り上げられました。

 

6月13日

筑波大学新聞に掲載されました。  

 

6月10日

NHKに取り上げられました。

 

【2011年】

現地で活動されるみなさまへ

 

この度は私達の活動に興味をもち、ご参加を検討していただきありがとうございます。

 

みなさまには以下の内容をお読みいただいてからの参加をお願いしております。

 

□□□

1. 放射線の影響について

2. 惨事ストレスについて

□□□

 


1.放射線の影響について

 

【確定的影響】 短期間で大量の被ばくをした場合に発症します。目の障害・皮膚の障害・脱毛などです。 

【確率的影響】 被ばくした放射線量の増加にともないリスクが増えるもので、がんや白血病などがあります。 

 

福島第一原発事故による放射能による体への影響で注意するものは、がんなどの確率的に発生する病気のみとされています。 

 

 私達が募集している活動の中には、上記のような健康上の負担が考えられるものもありますが、原発の影響については自己判断・自己責任での参加をお願いいたします。

 

放射能に関する資料
作成:2012.3.2
監修:筑波大学大学院生命環境科学研究科教授
   筑波大学アイソトープセンター長 松本宏先生
放射能に関する資料.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 126.2 KB

 

2. 惨事ストレスについて

 

ボランティアに行くことで、からだや心に様々な変化(ストレス反応)が起きる場合があります。

これは直接災害にあった人だけでなく、災害にあった人から話を聞いたり災害にあった現場を見ることで、誰にでも起こりうる反応であり、惨事ストレスと呼ばれるストレス反応です。

 

報道人ストレス研究会では、「惨事ストレスマニュアル」を公開し、症状や対処法を解説しています。

 

また、日本ファーストエイドソサェティでは、災害ボランティアの皆さんの活動中・後の心身の変化(惨事ストレス)に関するメール相談を実施しています。お気軽にご相談下さい。 kokoro_saigai@aol.jp ※お返事に若干時間がかかることがあります。